トリニティアタック

第9回は何と画像2枚程度で終了したただのプライベートお遊びでした
動画を上げていない以上シャドプリは出来ない(しかも10ラインが出ていたそうで…人から聞いた話だから終了条件じゃないぞ!)し適当にふらふら遊んでいました
収支一覧
アニマwi-fi -5000
カラコ -5000
氷山 -2000
銀河 +9000
VF -600
誰だよ銀河の新投法(過去形)を記録狙いにだけ使おうって言ってた奴…
氷山は1段目のクセが変わっていた&倍率リセット?で酷い目に合いました…退くの遅すぎ
VFはJPCのスタートが上手く切れませんでした、その前は上手くできたんだけど何故だろう
アニマは勝率高いですがwi-fiにすると0%です…カラコは知らん、リンクボーナス作ろうと思った私が馬鹿だった

===自作ラッシュ再構築===
んやあ…やらかしました…
羽の形状がまずかったようで理想の高さまで打ち上がらず、撹拌するだけの状態でした
実際の銀河の羽の形ってほぼ真っ直ぐに見えるのですが違うのかなあ
今度は45度後ろに傾けて接着してみたいと思います
…ボンド接着したものを剥がさないといけませんけど

あと、5Vで5分以上稼働させたところモーターがクッソ熱くなって焼き殺されるかと思いました
ミニ四駆のモーターは本来3V駆動らしいのでやり過ぎなのは承知ですが…
3.3Vだと始動しませんでした、色々加えているので仕方ないです
このままだと本稼働時は20連荘したら一旦休ませないといけないかも

 

第5回目です、もう第9回終わってるって書いてるのに!
そう言えばバベルとツナガロッタの入荷は確定的ですが、逆に確定撤去なのが火山とインリンでした
結局EXJP33333は出せませんでしたね…もう追う理由も無いので引き続き狙う予定はありません

スタート、VFからです

 

続きを読む

【雑談】銀河の面白い話

マイルドなプッシャーを勧めるのは良いんだけどだからと言ってガリレオを撤去する理由は無いと思うのです
一見さんに遊べるプッシャーを楽しんでもらって新規客とする、その方針なら全然良いと思います
でもその場にガリレオが居てはいけないと言う理由にはならないのでは

 

※実践記事は少し前に更新しました、下の方からどうぞ

自作銀河の打ち上げ機構・改が遂に完成しました!

ginzi2
リング&リングはセロハンで3か所固定です、非常に面倒くさいですが取り外しは一応可能
羽の下の巻き込み防止の木の棒が2本になりました
リング自体傾いている(水平にするのは本当に気が折れます、良くない妥協点)ので右側の羽がドーム接触まであと1mmあるかないかレベルですが触れないからセーフ!

ginzi3
前に作った上ドーム式のをそのままテストに利用しました
乾電池3本(4.5V)だとギリギリ打ち上がるかどうか、4本だといい感じです
が実際掛けるのは恐らく5Vなので打ち上がるかどうか怪しい程度
でも見た感じだとボールが羽周りを迂回するのが原因っぽいのでその阻止をすれば良いかなぁ
記事書いている時点でかなり疲れたので今は直す気力無しです

 

それで何が面白い話かって、よく思っていたことなのですが
通常の銀河で、皿を回っているボールの向きが羽の回転と逆方向の回転だと内部の気流だか何だかですぐ落下するじゃないですか(伝わる?)
逆を言えば正回転だとよく粘るってことですよね
あれがまさかの自作銀河で再現出来ました

ginzi4
1個だけでたまたま打ち上がったボール、電源は6Vです
このボールは羽と同じ向きに皿を回転しているのですが

ginzi5
30秒経っても落ちないのですよ

延々皿を回り続けます、何度か落下口の縁をえぐることはあったのですがくるりんで復帰
まあどうせ空気の流れのせいなのでしょう、ボールが軽すぎるせいもあって影響をモロに受けています
これ実際運転する時どうすんだよ…ボール落ちねえよ…

本当に気流のせいなのかティッシュで実験

ginzi6
あー…これは弱扇風機ですわ
実際手を当ててみても感じます、夏場はこれで決まり!

 

とまあその、実機同様の事が起こって嬉しかったと言うだけの話です
んなの当たりめーだろとか思わないで…
皿にでっぱりとか付けて対策するのはちょっとくるくる感が薄れて寂しいので良い案があれば是非ともお知らせください…

ginzi1
おまけ
噂の、ドームにボールが張り付く現象が新店舗で見られました
黒が張り付いたらラッシュ開始すればいいかと思ったけどすぐ入れ替わるので意味無かった模様

 

ペ    ン    タ

銀河の右サイドバー、15倍を燃えるエフェクトにしよう案があったのでやってみようとしたところ尋常じゃなく重くなってしまったのでダメでした…
常時カツカツです

そう言えばシャドプリ動画の収録1回目の時にある台が虹色に輝いていたのですよ
歌も流れてる、けど開店から30分経っていて人もまあまあ居るから流石にロイヤルじゃないだろうと思ったらロイヤルだった
動画初っ端ロイヤルスタートはズルいので流石に消化後に開始しましたがちょっとだけ良い状態から始まっています、縛りが厳しいから許されるはず
あとついでにBGM録音してきました、出だし部分が取れていなかったので再録予定
メニュー画面開けばBGMが最初からになるから便利!

===自作ラッシュタイム===
作業するまで更新しないと言ったな、あれはマジだ
2月中に試運転したかったから急ぎます

plr46
真面目に作業するのは1か月ぶりらしいです
前まで何で詰まっていたかと言うと回転羽(カバー)と軸の連結部分でした
ここの取り外しができないと輪ゴムが切れた場合に詰むし、その他色々あると大変ってレベルじゃない
何も無ければそれでいいのですけど今後の事なんて誰も分かりませんし

ってことで解決案としてスパイラル☆針金を装着しました、ボンド接着なので強度は弱い模様
でも羽に異常な力が働かない限りは大して内部へのダメージが無いので大丈夫かなぁと思い設計中
羽の下にボールがめり込むのはマジで危ないです、最悪この部分が全壊します

plr47
カバーに羽をボンド接着、こちらも異常な力が働かなければ大丈夫だという判断
その前提をしっかり守るためにカバー装着後のドームと羽の距離感、ボールのサイズを検討してみます
…の前に

plr48
スパイラル針金だと非常に扱いにくかったのでリングを装着しました
相変わらずのセロハン&接着剤厨、万能すぎて手放せないね

針金がバネになっているおかげで高さを縮めるのは容易いです、人の力ならね
この上にカバーを装着(多分セロハンで)すれば打ち上げ機構完成!
…ですが羽とドームの隙間が想像以上にあったのでそこを埋めないといけなくなりました
この記事更新直前に作業したばかりなので羽のボンドが乾ききっていません、ということで報告終わり!

 

===第4回まとめ===
その1:http://blog.medavel.net/?p=6930
その2:http://blog.medavel.net/?p=7157
その3:http://blog.medavel.net/?p=7183
その4:http://blog.medavel.net/?p=7204

第4-4回目、第4回最終記事といつもに比べて短いです、中身も
何故かって途中から何も撮影しなくなったからですね、さて何をしたのでしょうか…
まあ1つだけ当時の私に言わないといけない言葉がありますね
バーカ!

スタート、戦犯カラコロッタが悪い?それともハイベットした私が悪い?

 

続きを読む