カテゴリー別アーカイブ: ギンガーン

ようこそ!キチブログへ!

私のメインページ
メダベル<データと戦術で攻略・楽しむ―メダルゲーム!>
http://medavel.net
YOUTUBE チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCznf5bOV0nIxDLDlBOT6w5w
マジカルシューター専用のtwitter
https://twitter.com/AST_Medavel

※上部固定記事です。最新の投稿は下または右から。※
(スマートフォンからご覧の方はトップページからどうぞ。)

コメントページが下部に表示されていない場合は、
記事のタイトルをクリックして個別記事を開くことで表示できます。
名前、メールアドレス、ウェブサイトは空欄でも構いません。
※コメントは認証制となっているので投稿後表示まで数日かかることがあります。
※実践報告系はほぼスルーします、ご了承ください

2015/07/31に、トップ記事に寄せられたコメントを保管庫1へ移行しました。
2016/05/20に、再度保管庫2へ移行しました。
2016/09/11に、またまた保管庫3へ移行しました。
保管庫1はこちら,保管庫2はこちら,保管庫3はこちらです。

☆一部カテゴリについて☆
動画枠:他の方の動画を紹介させていただいた記事です。
攻略記事:記事内で攻略考察、またはコメントで議論を交わした記事です。
その他:専用のカテゴリが無いゲームをプレイした記事です。

他サイト様リンク!

針の筵 2nd Garden
ビデスロ愛よ今ここに、ビデスロの魅力を味わいたい方は是非!
http://box.hatenadiary.jp

オメガ777のメダルゲームと無料パチ&スロブログ(日記)
メダルゲームの実践と雑談ブログ。興味深い雑談記事が魅力的。
https://ameblo.jp/777-fff-ddd/

マジカルシューターにハマってしまったブログ
マジカルシューター教に落ちてしまった方。みんなで広めるマジカルシューター!
https://ameblo.jp/neruton212

warashi’s channel
JP取るまで帰らない!丁寧な編集が魅力的です。
https://www.youtube.com/user/TheMedalShine

 

news

マジカルシューター大破産中につきモチベがウルトラ低下中です
HP更新が進んでいないのは半分くらいこのせいです
ブログが更新されないのも半分くらいこのせいです
このまま失踪しても許してください

 

1%を信じろ


ファッ!?

 

 

(続き)
撤退10分前にPMを引いてしまったんですよ、撤退時間をオーバーすると帰り道に走りを織り交ぜていかないと置き去りになります
1R目から80%でしたが流石に続く、ここで終わるとPMもクソも無くてなんだかアレなので助かった

2R目


ふぁぁぁぁぁぁぁwwwwww

 

 

 


ふぁぁぁぁぁぁぁぁwwwwwww(JPC)

結局3回もJPC行ったんですよ、うち1回はPMCから1/9のPM引いて草
まあ全継続になって助かった部分はあったので良しとします
途中で終了2個からSSS+ボール落ちの状態で隣の人の順番待ち中に全継続に戻ったのは草生えたけど時間無いって言ってるだろう!

 

最後に80%、当たっても終わっても帰ります


撤収完了!サラダバー!

 

 

 

 

 

突然ですが、1%を引ける自信はありますか
その1%が運命を分けるとすれば、どう思いますか


こいつを目の前にして、あなたはどうしますか

 

 

続きを読む

【6/7修正】自作ラッシュルールメモ

【6/7】ルール案ストックが11個になってしまったので一旦募集を止めます
消化しないと間違いなく追いつかなくなるので…

 

push12

随時追加予定です
あ、失踪期間でもここは更新します

!追記(6/1)!
ボールの個数による入賞時間の変化ですが、6個と10個で変化がありませんでした(20連に4分)
と言うのもモーターと羽の軸を繋ぐ輪ゴムの2代目がわずか5分でぷっちんプリンしまして3代目に切り替えたが故、輪ゴムが伸びきっていないせいか非常に羽の回転が速くなりました
上に来たボールを中央に寄せる磁石の位置を変えることでボールの個数ごとに打ち上がる頻度をほぼ一定にすることが可能になりました
(と言うことに先ほど気付いた模様)

…ただしこれは羽の回転が速い場合の話で、緩んでくるとそうもいきません
中に仕込んで置いた輪ゴムがもう品切れなので次の取り換えは一度解体する必要があるのです…
この輪ゴムで粘ろうと思っているためボール数が少ない場合打ち上がる頻度が下がる可能性もあります、ご了承ください

あ、「続きを読む」以降も追記ありです

 

続きを読む